車の一括査定してみよう/保管する

保管する

車の臭いが査定の際にマイナスの影響を与える点については、ご説明しましたが、それ以外にどういった査定のポイントがあるのでしょうか。

実は、高額査定を目指すなら、保証書や説明書はしっかりと保管しておく、ということです。
近ごろでは、とても便利な車内装備が増えてきました。車の査定時に、意外な落とし穴となるのが、取扱説明書なのです。

せっかく高額で高性能なカーナビなどを付けていたとしても、次にその車に乗ることになるオーナーが、その使い方が分からなければ、価値も半減してしまうということになります。
愛車に乗っていると、カーナビなどの操作も、自分ではよく知っているものでしょう。

しかし、取扱説明書がなければ、高機能なカーナビも使いこなすことができません。
そういった理由から、取扱説明書がなければ、高い査定で買い取ってもらえないということになります。

また、付属品の有無というのも、車査定の際の重要なポイントになります。 ですので、付属品についても、しっかりと保管しておくようにしましょう。

そして、純正品から社外品のパーツへと交換を行った場合には、元の純正品は、しっかりと保管しておくようにしてください。
これらの保管状況が、査定の際に大きな影響を与えてきますので、日頃から意識して、保証書や説明書、付属品や交換後の純正品などの保管を心がけてください。