認知症を正しく理解する|認知症の介護対策ガイド

新着情報

認知症と見極めるために「認知症の行動・心理症状」に注目 認知症のことを正しく理解するためにカレーが防ぐ認知症を学ぶ 長野県松本市の認知症対応型施設:ゆーゆん 認知症のことを正しく理解するためにテレビゲームが認知症を予防を学ぶ

「認知症の行動・心理症状」から認知症を見極める 認知症には、行動・心理症状と中核症状という感じで大きく2つに分けられます。この2つに分けた中にも数多くの症状があるので特定の1つの症状だけを見て認知症だと決め付けることはできません。よって1つの症状で見極めること …

カレーが防ぐ認知症とは 認知症をカレーが防ぐと話題になっています。カレーを食べる事で体温が上がり、身体の血流がよくなって認知症を防ぎます。認知症は体が衰える事が原因となりますが、血流をよくすることで身体が活性化するんです。これは今まで唱えられてきた認知症対策と …

ゆーゆんの詳細 ゆーゆんは若い女性スタッフがたくさん働いています。元々メイド喫茶をしていた店を改装し、そこで働いていたメイドスタッフを雇用して始めた介護施設です。その為若い女性がたくさん働いているんです。現場も活気があり和気あいあいとした雰囲気の職場です。建物 …

テレビゲームが認知症を予防とは 近年テレビゲームをしている60歳以上の老人が認知症にかかる確率がテレビゲームをしない老人に比べ飛躍的に少ないと言う結果が出ました。これはテレビゲームに熱中して頭を動かす事が認知症を予防するのに有効だと言うことが証明された事を意味 …

認知症を正しく理解する

認知症の患者が、出てしまった場合、患者の症状により、いろいろ準備が変わってきます。その為にも、前もって事前準備が必要となります。認知症の病状は、脳や身体の病気により、記憶や判断力に障害が出ることにより、日常生活が困難になります。アルツハイマー病が最も多いとされますが、1パターンだけではありません。アルツハイマーと併用して、記憶障害のみならず、身体や、性格にでるものもまでたくさんあります。認知症に似た、症状のある、病気もあります。

また、初期であれば、治る、症状が軽くなる、進行を遅らすことが出来る場合もありますので、
見分けるためにも、早期の診断が必要です。

また、日常の対策により、ほぼ、日常生活に差し障りのない方もいます。現在は、いろいろな、治療法も、試されているので、その方により、効果が出る方もいます。まず、日常生活にどのような障害が生じるのかを把握することが大事です。

認知症の生活における行動パターンを区別しています。全般的には、日常生活の活動は[Activities of Daily Living]を略してADLと呼びます。その中でも2パターンに分かれます。

BADL[Basic ADL]
日常生活の基礎となる、着替え、身だしなみ、食事、排泄、入浴など、自分自身で行うことができる事です。

IADL(Instrumental ADL)
日常生活の手段となる、電話、食事の支度、買物、服用、家計の管理、乗り物での移動などの物事を順序立てて、計画的にする行動の事です。認知症の機能低下により、上記の事が徐々にできなくなっていきます。古いことは、覚えていても、新しいことから徐々に忘れていきます。どんどん進んで行ってしまった場合の対処法を知っていると、いざという時に役立ちます。また、誰でも、介護は、何が、きっかけで始まってしまうか見当もつきません。日頃から認知症 予防を、行っていたとしても分かりません。もしも、の時に、どこに、何を相談したらいいのか、介護保険の手続きなど、これからどうやって向き合えばいいのか、家族の接し方などすべての事において、どうすればいいのかを考えないといけません。介護には、いろいろな支援やサービスがたくさんあります。自分たちに負担がかからないようにするのも、適切な介護をする上で必要なことです。